小田原で涼しい観光

外遊び

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。

夏から忙しくなる予定なので、その前に旅行しておこうと小田原・湯河原へ旅に行ってきました。

小田原城へのアクセス

小田原城は広いので、どこから入るか計画しておくと無駄に疲れないと思います。

MAP

出典:小田原城

駐車場

空いていた「学橋」前の本町臨時駐車場に停めました。

出典:Google Map(※画像に振れるとMapに切り替わります)

白線からはみ出し気味のミニバンに挟まれ、脱出に苦労しました。大きなクルマは駐車位置に注意が必要です。

NINJA館 涼しくて楽しい子供向け施設

学橋を渡りNINJA館を目指します。

※学橋

NINJA館

※NINJA館
風魔忍者の垂れ幕が目立ちます。
※NINJA館の看板

設備故障で体感型シアターの手裏剣ゲームができないと説明を受けて来場。

料金
大人310円、子供100円 ※一人あたり

パンフレットもカッコいいー!

外はムシムシと暑かったのですが、館内はとても涼しく快適な空調。

始まる前に歴史について学びます
忍者って各地に沢山いたんですね!
保存状態の良い武器が残っていることにロマンを感じます

本編はネタバレ防止のため開示しませんがカッコ良い煽りMOVIEを見て小さな忍者たちは気分を高めます。

サポート忍者(スタッフさん)から任務内容(説明)を聞いてスタート!
壁に任務内容が書いてあるので、親も楽しめます
体の小さい小2の息子ははスルスルと任務をこなします
小4娘は歩きづら!と慎重に進みます
水の上を素早く渡ったり…
隠れみの術まで体験できます笑

体験時間は20分くらい。体感型シアターが壊れていなければもう少し長く遊べると思います。

子どもたちは面白かったと言っていたので丁度良い施設でした。

小田原城 城内散策

NINJA館を出て小田原城を目指します。

梅雨の紫陽花。風情があります。
大きな門に子どもたちは圧倒されていました

至る所で外国人の方が記念撮影をしているのを横目に小田原城へ到着。

小さくて可愛いサイズ感がたまりません。

銅門特別公開をしているとのことで覗いてみます。

リアルなマネキンたちがスタンバイ。家族皆で記念撮影しておきました笑

城内には茶屋もあるのでゆっくりできます。雨が降ってきた所で次の施設へ移動します。

小田原名物 鈴廣かまぼこづくり

小田原といえばかまぼこ鈴廣かまぼこ体験をやってきました。

鈴廣かまぼこ博物館
神奈川県小田原市風祭245

かまぼこづくりは人気なので、事前に予約していくとスムーズだと思います。リンク貼っておきます。

体験教室カレンダー|鈴廣かまぼこの里 体験教室予約フォーム
体験教室カレンダー|鈴廣かまぼこの里 体験教室予約フォーム

かまぼこの体験教室は3種類
①かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室
②あげかま手づくり体験教室
③ちくわ手づくり体験教室

正面のカウンターで受付です
※予約完了画面

受付で名前と参加者数を伝えて精算。キャッシュレス決済も使えます。

揚げかまぼこ体験:4人:4,400円。※かまぼこのスマホスタンドかわいい笑

体験教室まで時間があったので館内をウロウロ。

フロアマップ。

1F 伝統と技

パネルでかまぼこ作りの工程を確認できます

目の前でかまぼこを実際に作っているので、見ごたえあります。

2F かまぼこ板絵美術館

両サイドにかまぼこ板を使った作品がズラリ。

3F 食と科学

このフロアで揚げかまぼこづくりの体験教室を行います
石臼ですり身をこねる工程もゲーム風に体験できます
あげかま手づくり分かりやすい看板もありました

あげかま手づくり体験教室

始まる前にエプロンとキャップをかぶり完全装備で体験です。

料理教室のような感じで子どもたちはソワソワ。

手が汚れるのでこの写真が最初で最後です笑 そして簡単に完成します。

完成したあげかまぼこ 揚げたてはとても美味しかったですよ!
小さなお子さんでも美味しく作れるので家族皆で参加されてはいかがでしょうか

講師がデモンストレーションしながらぴったり30分の進行。集中力切らさず楽しく体験できました。

鈴廣かまぼこの里

体験の後は、鈴廣かまぼこ博物館の横にある土産店:鈴廣かまぼこの里

あげかま屋のすず天。ビールにピッタリなヤツでした。

こゆるぎ屋で干物を買ったのに写真を忘れました笑

潮風の果樹園「お陽さまのシフォン」がオススメです。
圧倒的フワフワ感。生クリームとかアイスと一緒に食べたら絶対に美味いヤツです笑
湯河原の旅館で食べた「きび餅」取り憑かれたように子どもたちが食べていました笑
美味しいジェラートも忘れずに食べておきました笑

湯河原へ温泉に行ったのですが、文章量的にそろそろまとめちゃいます笑

まとめ

小田原で遊び、湯河原温泉で一泊という旅でしたが、あっという間でした。アウトドアブログですが、キャンプばかりだと”芸が無い”かなと最近は感じていて、遊び方も工夫する必要があると思っています。特に今年の夏は暑すぎるのでアウトドアも大事ですが、屋内での遊び方も上手く取り入れていきたいなと思います。

この記事が皆さんの遊びのアイディアにつながれば幸いです。

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

外遊び
シェアする
YAMATOをフォローする
タイトルとURLをコピーしました