【神奈川県】青野原野呂ロッジキャンプ場

旅とキャンプ

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。
青野原野呂ロッジキャンプ場でデイキャンプしてきました。簡単にレポートしていきたいと思います。

青野原野呂ロッジキャンプ場とは

ソロキャンパーさんが多め
気軽にデイキャンプが楽しめる
道志川で川遊びできそう
区画が小さめなので設営技術がつきそう

青野原オートキャンプ場のお隣。コンパクトなキャンプ場だけど気さくなスタッフさんが明るく出迎えてくれました。

道志川がキラキラとしてます。癒やされますねぇ。
キャンプ場全体が岩盤の上にある感じ。ペグ打ちに苦労しました汗

料金

支払いは現金のみだと思われます。

テントサイト
サイト1区画の大きさ約8x6m。小さめなのでデュオサイズ程度のテントでギリギリそう。
通常料金:4,500円
特別料金:5,500円
※サイト1区画 (4名。車1台含む)
特別料金
 └土曜日、連休初日と中日、ゴールデンウィーク、夏期7月中旬〜8月31日、年末年始含む。
※1月、2月は特別料金日は無し(全日通常料金日)
・追加1名あたり+1,200円
・増車1台あたり+1,000円
・区画外(横またはすぐ近く)に駐車する場合+1,000円

デイキャンプ
川沿いの好きなところを利用者皆で上手く使う感じ。5m✕5m程度という感覚でした。
大人:600円
小人:300円
車 :600円
バイク:300円

ソロだと価格が抑えられるのも魅力です

場内マップ

歩いて大滝まで行くのも楽しそうです

テントサイト

デイキャンプでもテントサイト予約が少ない場合はテントサイトにも張ってOKと言われます。

キャンプ場は3段の階層になっています。
上段:バンガロー
中段:キャンプ(テントサイト)
下段:デイキャンプ(日帰り)

テントサイト

赤い車のエリアがテントサイトになります

テントサイトのサイズ感はこんな感じ。

ランドクルーザープラドとサーカスTC コンフォートソロでギリギリ(2024年2月4日撮影)

テント前はこんな感じ

眼の前がすぐ崖です(2024年2月4日撮影)

上から見た感じはこんな感じ

お隣さんがいたら縦列駐車な案件ですね苦笑(2024年2月4日撮影)

デイキャンプ(日帰り)

次から次へとお客さんがやってきました
何度も目の前の石にカワセミが番でやってきました。※動きが早すぎて写真にできませんでした汗

ペグは要準備

川岸なのでサンドペグと鋳造ペグが必要です。

サンドペグが入らない岩盤には鋳造ペグが必要
サンドペグしか対応できないサラサラな砂地もあります

タープが必要なほど強い日差しでしたが、ペグがなくタープを張れないグループも沢山見ました。

売店(管理棟)

看板猫ちゃん?じっとこちらの様子を伺っていました笑
針葉樹、広葉樹の薪、炭、川遊びツールなど販売しています
こちらは売店内にあるバーカウンター

水回り(炊事場、シャワー、トイレ)

炊事場

お湯が出ます。飲料可の水もあります。

シャワー

歴史ある感じですが、設備として十分だと僕は感じました。

トイレ

温かい便座タイプ

ゴミについて

ゴミは持ち帰りです。灰のみ捨てることができます。

管理棟の目の前にあります

設営

とにかく地面が硬い所とサラサラな所があって苦労しました。

気をつけたポイント
車とタープの間は車1台が通れるようにと説明を頂いたので注意しました。
・タープの高さを出すとロープ設置も距離が必要になるのでポールを短く。(覗き見防止)
・鋳造ペグとサンドペグの使い分けで風対策。(強い風が吹きます)

駐車場側から見た様子。タープがマンタみたい。。。

デイキャンプエリアは人気な様で平日でもかなり車が通りました。

設営終了後にハイネケン。気になっていたノンアル版も美味い!

キャンプめし スンドゥブチゲと焼き芋

11月なのにまだまだ暑い日々が続いているので、あえて今日は汗をかくキャンプしようと意気込んできました。

カンカン照りの中で焚き火。BBQ以外で火を熾していたのは僕くらい苦笑
沸騰させてぶち込むだけの簡単料理です
というわけで出来上がりです。

お次はスーパーで安く売っていた紅あずまを、焼き芋にします。

芋を洗い、キッチンペーパーとアルミホイルで巻いちゃいます。
熾火の中に放り込み20分。。。
コーヒー用のお湯も作っちゃいます。ケトル入ると雰囲気でますなぁ。
無事に完成!再度アルミホイルに包み放置。家に到着後食べたら蜜も多い焼き芋になりました。

まとめ

コンパクトなキャンプ場だからこそ、テントサイトはソロの方やデュオの方が多い印象です。デイキャンプエリアは友人や同僚といったグループ利用者が多く、道具も揃い始めたばかりという感じで各々楽しんでました。スタッフさんは男性の方も女性の方も明るくて、帰りがけも「またきてくださいね!」と満面の笑みで手を振っていただき、利用者としては気持ちいい気分で帰ることができました。

余談ですが焚き火を始めてから帰るまで自分自身に煙が当たり続けたお陰でめちゃくちゃ臭くなりました苦笑。風向きをコントロールするためにも陣幕が必要なんだと学んだデイキャンプとなりました。

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

旅とキャンプ
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました