【東京・武蔵村山】野山北・六道山公園

外遊び

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。

我が家が5年以上は通っている駐車場無料、施設利用料無料野山北・六道山公園。小学生低学年くらいまでが楽しめるアスレチックや、東京にいる動物たちの生態を身近に感じられます。自然の中で遊ぶことが大好きな子どもたちにオススメの場所なので、勝手ながらご紹介させてください。

野山北・六道山公園とは

豊かな自然が残された都立で最大の都市公園
野山北・六道山公園は、首都圏に残された「緑の島」都立狭山自然公園の西端にあり、雑木林と谷戸(丘陵に切れ込んだ谷間)の組合せによって、豊かな自然が残された都立で最大の都市公園です。

出典:野山北・六道山公園

遊びの森冒険の森という2つの山を豪快に使ったアスレチックを無料で遊ぶことが出来ます。(どちらの山にも簡単に行き来出来ます。)コロナ渦を終えた頃から、八王子や杉並ナンバーとかも駐車場で見かけるようになり有名になってきた感じがします。車場も無料。

トイレ
・冒険の森の入口に男女共用で1基。
・あそびの森の出口付近にある運動場にあり。(駐車場からは遠い感じです。)
・インフォーメーションセンターに男女別であり。

駐車場が満車になる事も多いため、土日に行く場合は午前中に行くのがオススメです。

冒険の森からスタートした方が網羅的に遊べます。

野山北公園 冒険の森 アスレチック

冒険の森には子どもたちがワクワクするアスレチックがあります。

2023年に一部補修やリニューアルしたので、来た事ある方も発見があると思います。
登って遊ぶ棒
登ったり、ブランコにしたりするロープ
トランポリンなロープ ※マスクしながら飛んでいるから不気味な画像ですね笑
ロープわたり
この道を左奥に下っていくと遊びの森、右奥へ進むと、インフォーメーションセンターの方へ向かうことができます

それぞれアスレチックにはしっかり名前があるのですが、とりあえず楽しさが伝わればと思います。

野山北公園 あそびの森 アスレチック

あそびの森にもアスレチックがあります。

グラグラする丸太わたり
丸太橋
蜘蛛の巣ロープ
秘密基地的な場所
ターザンロープ
名物の長い滑り台(しばらく改修工事しておりましたが、2023年ついに復活!)
トンネル(向こう側まで真っ暗なので、小さな子どもに大人気)
※番外編:ターザンロープを降りたあたりにある抜け道を見つけてインフォーメーションセンターへ行けます。

インフォーメーションセンター 薪販売や生態を学ぼう

あそびの森の裏側に位置するインフォーメーションセンター。山の中に遺跡みたいな施設がある!と初めて見つけた時はドキドキしました。パークレンジャーさんもいるので、動物の生態について学べるイベントも時々やっています。

突如現れるインフォーメーションセンター(キレイな様式トイレあり)

冒険の森側の駐車場が満車のときは、「武蔵村山市総合体育館(東京都武蔵村山市岸3丁目45−6)」をナビにセットすると、混んでいない駐車場に止めることができます。

車の左後ろ側に駐車場があります。※撮影のため一時停車させている状態です。ここに止めては行けません。

この駐車場を登ると直ぐにインフォーメーションセンターに到着します。(ただし、あそびの森までは遠い)

この登り坂の上に見えているのがインフォーメーションセンターです。

薪販売

シーズンによって変動しますが、薪販売をしています。(要問い合わせ)

1束 500円 ※2021年当時の価格。安かったので、キャリーに6束詰めてみました。

生態を学ぶ

インフォーメーションセンターの中には、森の動物たちの剥製や、森で発見された素材を顕微鏡で見ることができたりします。顕微鏡が見せる世界の虜になること間違いなしです笑

薪が壁に置かれていたり、剥製があったりと小さな研究施設のようです。
プレパラートに素材を乗せ、「なるほど!こんなふうになっているんだ!」と独り言が爆発します

ピクニックに丁度良いベンチ

このあたりは机とベンチが用意されているので混雑している冒険の森やあそびの森より、ゆったりご飯を食べることができます。

ハイキングされている方の休憩所でもあるようです。

近隣施設

おすすめの食事処:村山満月うどん 東京都武蔵村山市三ツ木1丁目12−10

美味しい武蔵野うどんが食べれるアットホームなお店です。肉汁つけうどんリッチメンチカツがオススメ!※駐車場は鬼のように狭いので運転にご注意ください。

食べごたえのある太めのうどん。やみつきになります。

アイス工房ヴェルデ 東京都武蔵村山市三ツ藤1丁目80−3

季節によってフレーバーが変わるジェラート。ついつい通ってしまいます。

イオンモールむさし村山の裏手に位置しています。

まとめ 冒険は終わらない

野山北・六道山公園の敷地内には50円で入れる市民プールや、サッカーやボール遊びを楽しめる運動場も人気です。

団体さん優先ですが、利用していない時は一般の人も利用OKです。
この先には何が待っているのか?いつもワクワクしながら冒険しています。

前はできなかったアスレチックがいつの間にかできるようになったりするので、子供の成長を感じられるので、つい通ってしまう公園です。子供の年齢に合わせて冒険できるフィールドを増やしているのですが、細い道が沢山張り巡らされ公園の全容を掴むにはページが足りないほど広く、完全攻略までは、まだまだ時間がかかりそうです。自分たちのペースで楽しみながら遊んでいける公園だと思います。

 

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

外遊び
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました