【キャンプ道具】キャンピングムーン 風防板 YD-10

キャンプ道具

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。

商品名が長いのですが、キャンピングムーン 折り畳み式 風防板 酸化アルミ被膜 プレート アウトドア パートナー 収納箱付き Lサイズ YD-10を買ったところ、期待以上のパフォーマンスだったので、シングルバーナーでガツガツ料理している人にオススメしたいと思います。

風防板 酸化アルミ被膜 YD-10 スペック

箱から開いたらすぐに分かるようなモノですが、スペックは下記の通りです。

寸法:梱包時/22.0×8.6×2.0cm、使用時/82x22cm
材質: アルミ合金(酸化被膜加工)
重量:206g
プレート枚数:10枚
付属品:収納箱
価格:1,940円(税込み)※Amazonで、定価販売されています。

広げてみると結構広いと感じました。

色味が微妙なケースに入っています。キレイに抜くのはコツがいる感じ。

同じ形にすれば入れられますが、逆に適当に畳むと入れられないというオチ。
ちょうど見切れてしまっていますが、右下の部分が地面に突き刺して使えそうです(正しいやり方かは不明ですが…)

使用感

適当にバラバラっと広げたらこんな感じ。

高さがあるので、大きめの鍋など使っても問題なさそうです。

風が丁度吹いていたのでテストに丁度良いなと思い、自宅前ですがおもむろに鶏肉を焼いてみます。

スキレット重ねたら上からの風はシャットアウト

弱火でやっていても消えることなくしっかり風をガードしてくれています。

良い感じに肉が焼けました。

ジューシーな仕上がり。安定して火入れができたと思われます。

シチュエーション別でYD-10を使ってみた

Level.1 川原でのミニバーベキュー

コンロ全体を覆えてご覧のように魚にもしっかり火を入れられました。

焼き物は焼きムラがないと調理時間もかからずストレスが無いですよね。

Level.2 強い風が前方から吹き付ける河原での調理

ガスバーナーの火を守る事はもちろん、高さがあるので飛んでくる草や灰の侵入も防いでくれました。

汁物にゴミが入るとショックですからね。。。風防の高さは正義。

Level.3 マイナス3℃の冷気に煽られるテント内で調理

斜め左側より強烈な冷風にも負けず、キレイな目玉焼きを簡単に作れるほどしっかり機能しています。

つまり、どこでも使えるという事ですね。

こういう類の商品ってすぐ倒れて鍋側に傾いたり、寄りかかったりと暴れそうなものですが、蛇腹式になっている分、調理器具(バーナー)を覆うようにピッタリとハマるので火も安定するし風防自体も安定するのだと思いました。

使用後は、拭き取りも簡単に出来るので普通に使える!という結論に至りました。バナー貼っておきます。

まとめ

特に冬の時期は風が調理時間に与える影響は大きいですよね。そのうち買わないとなーと思っていましたが、やはり風防があるのと無いのでは調理ストレスが全然違うのでさっさと買ってしまえば良かったなと思いました。

キャンプでの調理スタイルは人それぞれですが、流行りのフラットバーナーなどではなく、シングルバーナーをお持ちの方は持っていて損は無いと個人的に感じました。

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

キャンプ道具
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました