富士満願ビレッジファミリーキャンプ場 レポート

旅とキャンプ

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。

2022年10月8日.9日にて山梨県鳴沢村にある富士満願ビレッジファミリーキャンプ場に行ってきました。今回は空気の美味しそうな林間サイトで気持ちよく焚き火をしてキャンプとは何かを今一度楽しもうと意気込んでいましたが残念ながら終日雨。そしてテントのトラブルも起きた為、写真が少なめになりますがキャンプ場レポートをしていきたいと思います。(設営から撤去まで雨が降り続けていました苦笑)

●現地の天気 雨 最高気温15℃、最低気温10℃

こちらのキャンプ場の特長は以下の通りです。
パオ、ウッドトレーラー、テントサイトと様々なタイプの宿泊場所を選べる
・パオやウッドトレーラーなら雨でも焚き火を楽しめる
グルキャンNGなので基本的にうるさい人はいないと思ってOK
・制限が多いため、静かにキャンプを楽しむことができる
愛犬とキャンプできる!(2頭まで)
・スタッフさんの対応が凄い(本編を御覧ください)

キャンプ場の特徴

大人数のグループキャンプや、複数サイトが一緒に集まってのお食事、宴会は当キャンプ場ではできません。お客様自身、他のお客様、富士満願ビレッジの全員が気持ちよく過ごせるよう、予約には下記のような約束がございますのでご了承の上、ご予約ください。

富士満願ビレッジファミリーキャンプ場

とルールに縛りがあるように書かれているため、僕は下記のように解釈しました。

・サイトでは遊べないが広場でならOK。
・グルキャンできないということでサイトは密ではない(静かに楽しむ雰囲気のはず)

多少強引な部分もありますが、こういうキャンプ場なら良いなという願望ですね笑
さて、雨のキャンプ場は空いてて良いと言われることもありますが、連休中日ということもあり満員御礼。

※雨でも美しいキャンプ場でした。
サイト紹介

今回我が家がお世話になったのは10番サイト。(なっぷにてスタンダードサイトとして予約。)

富士満願ビレッジファミリーキャンプ場

10番サイトは思ってた以上に広かったです。少なくとも9m×9mはあったと思います。カマボコテント2を張ったのですがサイズ的にはちょうど良い感じでした。ただ、トイレから1番遠かったので夜トイレに起きて歩いてくには少し遠いなと感じました。(僕は全然許容範囲でしたが小2の長女は朝イチのトイレが危なかったと話してくれました)

※既にツッコミ所がありますが今暫くお待ちください笑

他の宿泊可能場所について

ウッドトレーラータイプSが3棟、ウッドトレーラータイプCが3棟、ウッドトレーラータイプCプラスが2棟、パオ3棟、テントサイトは下記の通り。

テントサイト

数字で見てもコンパクトなキャンプ場だと分かりますね。その為、キャンプ場は静かな雰囲気。各サイト適度な広さがあり密な雰囲気もなく各々がサイト内で楽しんでいる様子でした。

設備
管理棟の建物に全て集約されています。

トイレ
トイレ、炊事棟は管理棟の裏にあるだけです。男性用は個室2基(ドアが自動開閉の最新型)、小便器3基と充分でした。

炊事棟
お湯が出ます。シンクに溜まるゴミを捨ててねと小さな袋を用意されていました。我が家は洗い物をしませんがキャンプ初めての時にこういう気遣いして頂けると気付きに繋がるので良いですよね!ありがたいサービスです。

シャワー
今回は寒すぎて湯冷めすると悪いので利用しませんでしたがトイレ前でドライヤーの音もしていましたがあったのかな?

キャンプ場での過ごし方

キャンプで何して過ごすかって重要ですよね。この日はこのあと書きますテントのトラブルで時間がなくなってしまい夕飯を作ったら終了となってしまいました苦笑

設営中にトラブル発生

事件は設営中に起きました。なんと用意してきたカマボコテントが加水分解による劣化から激しく雨漏りを始めました。

天井の雨粒を確認いただけますでしょうか苦笑

最終的にこうなりました笑

雨漏りしたままじゃキャンプできないので、キャンプ場の方に無理を承知でブルーシートをお借りできないか相談したところ、サイトまで見に来て頂き「良かったらこちらを使って下さい」とグリーンシートを貸して頂きました!このシートのお陰ですっかり雨漏りは無くなり快適に過ごせました。外から見たら海苔巻きテントになんとも言えない雰囲気に。この悲しいフォルムを忘れてはいいけないと思い、決死の思いで写真を撮りましたよ苦笑

雨宿りできないテントほどストレスなものはありません(当たり前です汗)

17:00頃 キャンプ場の方が「この後無人になりますがお困りごとないですか?」とわざわざ顔を出して下さいました。なんと優しさに溢れたスタッフさん達なのでしょう。とても感動しました。土砂降りの中、快適に過ごせたのは間違いなくスタッフさん達のおかげです。

夕飯作り
相当寒くなる事が予想されていた為、温まる秋冬のメニューとしても定番の鍋ラーメン。息子も手伝ってくれました。
お隣さんから頂いたメガチョモランマ!(マシュマロ)
キャンプ定番のスモアを作ります。直火で温めチョコビスと挟むのですが、
我が家の子供達はチョコビスだけで食べて何故かマシュマロは別に食べるという拘りを持っています笑
酒飲み担当の僕はこのチョモランマを使ってホットワイン。

実践!寒さ対策のストーブ

今回は寒い事が予想されていたのでストーブを初めて使ってみました。
冬キャンプの為に気合をいれて買ったトヨトミから出ているKS-GE67です。
最低気温10℃でしたが、軽く回しただけでこの出力。暑がりな僕はテント内ではTシャツで過ごしました。
https://amzn.to/3DLtHho

今回の学び

天気予報は良くならないと考えて用意した方がやっぱり良いです。天候は悪化するものと想定して準備が必要だと改めて実感しました。(今回でいうとタープのサイズを見誤ったことですね)

雨キャンプの準備物

キャンプ後に少しだけ観光

せっかくキャンプに来たんだし、キャンプは大変だったけど少し観光して来ました。

ふじやま温泉
値段高めだけど高規格温泉
富士山食パン
駐車場は2台程度でした
パッケージが最高!
断面が凄いのです
あまの
1人サイズのほうとうがありがたい
馬刺し美味すぎでした!

まとめ

とにかく雨にやられたキャンプとなりました。キャンプ場の口コミでは夜の話し声が気になるという意見も少し見かけますが、終日雨だったこともあり、周りのサイトの声も全く聞こえず静かなキャンプでした。テントサイトが少ぬいけど、パオやウッドトレーラーがあるのでキャンプ初心者や雨でも焚き火したい方向けの施設だと感じました。テントのトラブルは今回初めてでしたが、キャンプ場のスタッフさんの優しさにより、買い物に出かけずに済み時間も無駄にならず大変助かりました。雨のキャンプでは手持ち無沙汰になりがちだけど家族の会話が増えるので僕は好きです。僕が探していた静かなキャンプ場の一つとして記録しておきたいと思いました。今回一番の反省点は天気を舐めていたこと。このあたりは富士山の影響で天候が変わりやすいことを失念していました。雨が少しでも降りそうだなという時のキャンプに行かれる際には装備にご注意を!

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

旅とキャンプ
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました