【長野】五光牧場オートキャンプ場で過ごす冬

旅とキャンプ

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは。YAMATOです。

今回で3年連続になりますが友人との年末キャンプで五光牧場オートキャンプ場に行ってきました。標高1,300m。八ヶ岳のすぐ近くなので冬は格段に寒く来場者数が少ないのも魅力です。

年末はふもとっぱらを起点に富士山周辺が混雑しますが、静かにキャンプをしたい人にオススメなので記録を残しておこうと思います。お好きな所からご覧ください↓

五光牧場オートキャンプ場とは

一部有料ですが、広大な敷地の中をフリーサイトで利用でき、好きな場所でキャンプできるのが魅力。スカイパイロットtcのHP写真の場所としても知られています。

あの写真の場所だ!と気づいた方は相当ツウな方だと思います。この日も、おしゃれキャンパーさんがこぞって集まっていました

五光牧場オートキャンプ場については、過去にまとめた記事がありますので御覧ください↓

【長野】五光牧場オートキャンプ場(前編)
1年ぶりの五光牧場オートキャンプ場に行ってきました。サイトのことなど詳しくご紹介。

到着するまでに買い出しが有効

東京方面から向かう場合は、長坂ICを降りてから北杜市を北上する形が多いと思います。五光牧場オートキャンプ場の近くにはひまわり市場など有名なスーパーもありますが、キャンプ場までの導線上にある立ち寄り箇所をご紹介。

スーパー:オギノ長坂店 山梨県北杜市長坂町大八田160

キララシティというショッピングモールの中にスーパーと、酒屋さんが入っているので大体ここで済みます。も700円で売っています。

美味しい卵と鶏肉:中村農場 山梨県北杜市高根町東井出4986−524

親子丼が美味しくて有名です。今回は卵を購入しました。

美味しいソフトクリーム&お土産:ヤツレン工場直売所 長野県南佐久郡南牧村野辺山79−7

圧倒的人気のソフトクリーム&ヨーグルト よく混ぜて食べるのがオススメ!
ヤツレン製品が安く買えます。家族用に買っておきました。

買い出しを終え、キャンプ場へ向かいます。

冬の五光牧場オートキャンプ場

冬キャンプをやるには敷居が高い場所だと思いますが、何度も訪れてしまう理由があります。

周りに人がいないので森の中に僕らしかいないような感覚になりました。

最低気温:-10℃程度が基本。装備不足で行くと危険。
標高も高く風速4m〜5mと、冷たい風がよく吹く。
寒すぎてトイレまでの移動がかなり切ない。

この日も一晩中強風が吹き続けていました。しかし厳しい環境だからこそ、良いこともあります。

八ヶ岳がよく見える(空気が澄んでいる)
人が少ない(今回は全体で10組もいなかったと思います)
静かなキャンプを楽しめる

この日は八ヶ岳が雲に隠れていましたが展望台からの景色はオススメです!

設営

上記で紹介している記事で詳細はご確認いただけますが、今回は黄色枠の箇所に設営しました。

ご覧の通り周りには誰もいません。
加水分解でボロボロのカマボコテント2。2人のキャンプだと丁度よいサイズ感です。

ちなみにテントには結露対策でカマボコシールドを使っています↓

【簡単15分DIY】加水分解のテント復活
捨てるしかないかなーと思っていた結露と雨漏りがひどいカマボコテント2を復活させました。

トイレ付近に普段設営するのですが、八ヶ岳が見える場所かつ、人目がないところで探したらここになりました。トイレまで3:30秒くらい歩きます。

テントからの景色。晴れていれば八ヶ岳が目元に見えます。

設営も完了したのでキャンプを楽しみます。

森の中で宴会スタート

実は今回友人がやりたかったのが焚き火。3月に一緒に行ったキャンプでは薪が完売してて焚き火ができなかったので沢山、燃やしたいと話ていました。受付でも針葉樹を買い準備OKです。

着火し、クラフトビールを飲みながらゆるく宴が始まります。
お酒を飲みながらくだらない事を話す。贅沢な時間でした。
沢山薪を焚べられて満足そうな友人。

夕飯

寒くなると思っていたので、担々鍋にしました。

照明を暗めにしてたら美味しそうに撮れなかったです笑
グツグツと温めながら野菜も沢山取りました。

おかわり焚き火

夕飯の後にもう一度焚き火を行います。

空を見上げるととてもキレイな星が見えていましたが、既に飲み過ぎで二人共出来上がってしまい写真はありません。

静まり返った朝

6時。まだ暗く強風が吹き付けていましたが外を覗いてみます。

スキー場?の光っている建物が見えてキレイでした
バッキバキに凍っていたフィールド。

外に出て活動している人もなく、暗く静かな朝です。

テント周りに雪が少し積もっていました。(夜にチリチリした音が聞こえていました)
6:30頃。この写真を撮った直後、野生のシカ3匹とエンカウントしました笑

鹿が「キャー」と鳴いて走り去っていく姿はとても美しく、森の中なんだなと改めて実感しました。

朝食

せっかくだし景色を見ながら飯にしようとテントを開けてみたのですが、寒かったのと強風で中々料理が進まないので止むなく閉じることに苦笑

強風の影響なのか表示気温より寒く感じました。
中村農場で買った卵で目玉焼き
中村農場で買った燻製卵と素うどん
中村農場で買った卵を溶いて卵スープ

中村農場しばりの朝食となりました。前日に結構酒を飲んでいたので胃に染み渡りました。

散歩

朝食を食べ終えコーヒーを挽いて一息いれたので散歩へ。

9:00頃。ようやくあたりが明るくなってきました
展望台へ。雄大だなーと二人で見ていたのですが強風過ぎて退散。

寒い寒いとテントに戻ってきました。寒くて頭の中は温泉に行くことで一杯になっていたので、名残惜しいですが撤収です。

紅富士の湯へ

紅富士の湯:山梨県南都留郡山中湖村山中865−776

冷え切った体を温めるため温泉へ。五光牧場オートキャンプ場から近いのパノラマの湯もあるのですが、約120kmかけて移動してきました。

この景色をお風呂で見ることができるので、最高な場所なんです。

温泉好きな友人に見せたかった景色がここにはあります。お風呂に浸かりながら大きな富士山を眺められて最高です。

昼飯を食べたあと、友人がもう一度風呂に行くということだったので信玄ソフト食べてまったりしてみました。

まとめ

流行りのキャンプ道具を使っている人が近くにいたり、Instagramなどを見ていると、アレが格好良い!欲しい!と「キャンプ道具はまさに沼」になってしまいますが、キャンプの原点的な部分は、誰かと(時には一人で)自然の中で食事を取ることなのかなと。そういう意味では手を加えられ過ぎていない環境な方が、自分たちのキャンプに集中ができると感じています。

温泉につかりながら今回の旅は何が楽しかったねと、振り返ることで次回はこんなことしてみない?と次の計画も走り始めました。

2023年は仕事の関係でキャンプがあまり出来ませんでしたが、今回の旅で改めてキャンプって面白いなと感じました。五光牧場の冬の恐ろしさは経験できませんでしたので、来年も訪れたいと思います。

PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

旅とキャンプ
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました