YETIクーラーボックス 個人輸入

キャンプ道具

※当サイトは、アフィリエイト広告を使用しています。

こんにちは、YAMATOです。

2019年3月。クーラーボックスはYETI Tundra45しかないと決めたのに、国内在庫が無くて途方に暮れました。しかし、個人輸入という手段で入手することができましたので解説していきたいと思います!(実際に購入したのは2021年の話)

個人輸入の経緯

YETIは国内でA&FCOUNTRYが正規輸入販売店をされています。
2022年2月現在の在庫は無し。価格:66,0000円(税込み)※オンラインショップ

出典:A&F COUNTRY

家から近くの昭島モリタウンアウトドアヴィレッジでは、店頭に置かれた瞬間無くなるとか、ホワイトカラーしかないと言われ欲しいタンカラーと出会えずにいました。そもそも2021年は世界的にアウトドアブームで国内にクーラーボックスが入ってこない状態だと教えていただきました。

並行輸入品や、フリマサイトでの購入も検討しましたが、傷がついていたり、模倣品だったという口コミを見て躊躇していました。

購入方法をリサーチしていく中で日本未発売のガジェットを海外から購入する方法があることに気が付きました。その方法は個人輸入と言うらしいのですが、なんか怖くないか?と思いつつも調べてみることにしました。

アウトドア商品の個人輸入

そもそも個人輸入って何?

外国の製品を個人で使用することを目的として、海外の通信販売会社、小売店、メーカーなどから、個人が直接購入すること

出典:税関より

ということは、英語読めないとマズいのかなとか、税金ってどうなるの?と不安になりました。

個人輸入する方法はいくつかありますが、海外版Amazonで購入することが敷居が低そうだと感じました。試しにAmazonサイトの販売国を「アメリカ」にしたところ、YETI SHOPにてお目当てのタンドラ45が売っていることを確認しました。これなら出来そうだと挑戦してみました。

補足
海外YETIのオンラインストアで購入しようと試みましたが、配送先を日本に設定出来なかったので直接購入は当時出来ませんでした。※2021年時点。

海外Amazonは面白い商品が多い

日本では未販売のキャンプギアや、限定輸入されていたギアも手に入るのが魅力。

例えばYETI タンドラ45でもカラーバリエーションが豊富です。

カラフルなYETI。サイトがにぎやかになりそうですね。

この当時、大ブームとなったフュアーハンドランタンも海外Amazonから購入できる状態でした。

魅力的な海外Amazonの購入方法について確認していきましょう。

海外Amazonで購入する方法

会員登録が必須

Amazonは国単位で登録が必要になるため、改めてユーザー登録が必要になります。英語だらけのフォームが待ち構えていますが、Google翻訳機能を使えば分かりやすく翻訳されスムーズに登録できると思います。

購入操作も簡単

海外Amazonなら商品の購入も日本と全く同じように買い物する事が可能です。

検索窓で商品を調べて、Buy Nowを押すだけ。

直感的に買い物ができるのも魅力ですね

次に、日本円決済で買うかドル決済するかを求められます。

日本円決済だとこの時点で64,143円
ドル決済だと109円×582.07ドル=63,455円

円決済とドル決済の違いは為替手数料によって変動するので、ドル決済で買い物した方がお得になることが多いということでした。購入したら次に配送手配を行います。

配送方法の選定

配送は3タイプあります。

3/23注文 到着目安
Standard International Shipping 4/6(12日)
AmazonGlobal Expedited Shipping 4/2(8日)
AmazonGlobal Priority Shipping  3/26-4/1(3日〜7日)

もはや待つのは苦ではないので、Standard International Shipping にしました。

多少遅れる場合もあると他のサイトで見ていたので焦らず待ちました

発送設定を終えると決済が完了しサンクス通知されます。その後、商品購入メールも届きます。

青枠で隠してあるところに自分の名前と住所が反映されています
配送状況の把握も可能

海外Amazonも配送状況の把握は簡単です。マイページから今どこに商品があるのか簡単に調べることができました。※2021年当時は通知メールもくれていました。

カリフォルニアから船でやってくるのかとワクワクしました

ビビリな僕はこの船に乗ったところで、ようやく妻に購入した事を伝え、テントより高いじゃん!と呆れられました苦笑

個人輸入は商品到着日が変わることもある

3/25に注文し到着予定日は4/6-8でしたが3/31に到着。予定と全然違うのでサプライズとなりました。稀に予定前の船便に乗るケースがあるようなのでそうなのかな?と思います。料金は変更ありませんでした。

受け取りは妻がしてくれたのですが、ヤマト運輸のドライバーさんより「遠いアメリカよりお荷物を預かってきました。無事にお届けできてよかったです!」と粋なセリフを言って頂いたそうです。本当に無事届いてくれて感謝です!

良い感じのくたびれ感。長旅を物語っています。

さっそく開封します!

本体には傷もなくキレイな状態でした。
YETIロゴとTundraのステッカー付きでした

YETIクーラーボックス 関税含めた最終金額は56,121円

最終金額を出す前に、個人輸入するうえで知っておきたいのが関税です。

海外から商品を輸入する場合、個人使用の品物または贈り物であっても、原則としてその商品に対して関税が課されることとなりますが、一般貨物または郵便小包を利用した場合で、課税価格の合計額が20万円以下の場合には、一般の関税率とは別に定められた簡易税率が適用されます。

出典:税関

今回購入したYETIクーラーボックスの関税は下記の通り。

72.78ドルと書かれた部分が関税です

Import Fees Depositとは商品にかかる関税、消費税、配送業者の支払手数料を含めた諸費用のこと。

注文時の金額は下記の通り。
106.99円×582,07ドル=62,275円

AmazonGlobalだと先に請求され、それ以上の請求が発生しないそうですが、Standard International Shippingにしていたので、後日56.46ドルの払い戻しが発生しました。

当時は約109円なので6,154円の払い戻しとなりました

最終金額
注文時:62,275円 – 関税:6,154円=56,121円

円高効果もありドル決済にしたことで安く購入出来ました。

個人輸入は信頼のあるサイトから買う事

個人輸入すごい!という記事を書きながら恐縮ですが、YETIではA&F COUNTRYさんのように正規代理店を通さずに購入する事のリスクがあることも認識しておく必要があります。

海外の製品を並行輸入品や個人輸入品として購入するときの注意点 
-安全性に問題、返品や交換・リコール対応ができない可能性も-

出典:消費者庁

到着しない場合や破損していたなどトラブルがある場合もあります。対応策を考えておく必要があると消費者庁からも注意喚起されています。

まとめ

お目当てのYETI Tundra 45が当時のA&F COUNTRYは確か60,000円位だったはずなので少しだけ安く購入できました。いつ実店舗販売されるかがわからなかったことと、その後店舗に安定供給されるまでに相当な期間がかかっていたので、大満足の結果となりました。

個人輸入ならレアなキャンプギア探しや、欲しかった商品が見つかるかもしれません。この記事が皆さんの何かにお役に立てば幸いです。なお、この記事は個人的な見解も一部含んでいるため個人輸入に関してはあくまで自己責任にてご対応頂けますよう宜しくお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村
PROFILE

YAMATO

新潟県出身、東京在住、YAMATO(39歳)です。僕、妻、長女(小3)、長男(小1)の4人家族。2019年キャンプデビュー。月2回程度キャンプをしています。初キャンプがあまりにも上手くいかず、続けてるうちにハマりました。キャンプ場周辺の観光など旅要素も含めた周辺の立ち寄り場所などご紹介します。遊びのアイディアに繋がれば嬉しいです。

キャンプ道具
シェアする
YAMATOをフォローする
120プラドとアウトドア
タイトルとURLをコピーしました